きょうのおかず
「おかず」はオットと息子の愛称です。 おいしいもんブログじゃないんです。 「今日のおかず」=「今日のオット&かずお」なんです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ループ
ああ、やってしまった。
禁断(?)の一冊に手を出してしまった。


永井路子「王者の妻」に手を出してしまった。
この本に手を出すと、司馬遼太郎の「豊臣家の人々」が読みたくなり、
となると「覇王の家」も忘れちゃなんねぇとなり、
となると「城塞」もはずせない。
ここまできたら、「最後の将軍-徳川慶喜」もいっとこうかなと。


そんでもって、司馬せんせぇに手を出したからには、「項羽と劉邦」あたりに飛んでって、
こうなると、宮城谷昌光。「太公望」「重耳」。


ジャンルなんてどうでもいいのよ。
雰囲気、ていうかもうあたしの中のノリ。


んでこうなるとなぜか「封神演義」。あり?誰の本(訳ていうほうがいいのか?)だっけ?
ついでに、わがお母様に小学校4年生のときに買ってもらった「西遊記」で締め。




あ、でも今回はこの流れのどっかにひっかかりそうな 浅田次郎の「蒼穹の昴」が控えている。
ムフフフフ



それにしても、おさんくさいラインナップだな…。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No Subject
いんじゃないの?俺だって、池波せんせに手を出したら、剣客全巻いっちゃうよ。
封神演義は、講談社発行の奴しか読んだことナイ(何種類も読めるかよ…)
からワカランが、講談社のんはオモロカッタ。
でも、作者なんて不明じゃないの?アレって…訳してるのは、安能務って人。何者かは知らぬがの…
2006/11/06 (月) 00:39:16 | URL | ねぎ #-[ 編集]
>ねぎさん
安能務はん!!
そうそうこの人。訳っていうか、なんて表現したらええのん?
平家物語が誰かの作品でないように、封神演義も誰かの作品とは言えないと思うんだけど、でもほら本には一応「筆者」てことで名前があがってるからさ。表現がへたくそですんません。

池波せんせぇは怖くて実はまだ読んだことがないんです。(あ、梅安はどっかで読んだな。借りたのか?)
なぜって、確実にはまるから。そして、全て所有したくなること請け合いだから。
だから食のエッセーだけでいまんとこ我慢。
ああ、でもそろそろ手を出しそうな気がする。
2006/11/06 (月) 05:45:32 | URL | きょこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 きょうのおかず all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。