きょうのおかず
「おかず」はオットと息子の愛称です。 おいしいもんブログじゃないんです。 「今日のおかず」=「今日のオット&かずお」なんです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まじで
【風】「保護者からみてもやりすぎ」 産経新聞
【風】「学校よりひどい幼稚園」 産経新聞

最近よく見かけるこういう記事ですが、ほんまにあるんでしょうか?



連立方程式とか2次方程式とか等加速直線運動とかボイル・シャルルの法則とかメンデルの優性遺伝とか、そんなこっちゃなくても「りんご」=「apple」てのだって教えてもらわなかったら分からんことじゃないだろか?
一生分からんことはないかもしれないけど、でもたぶんメンデルの法則を自分で見つけようと思ったら(思うかどうかてのも問題だけど)、それこそ一生の仕事になるんじゃなかろうか。

と、あたしは高校んころに思った記憶がある(曖昧だな)。



教えてもらうっていう話で思い出したんだけど、
たぶん中島らもだと思うんだけど、大昔に読んだ本で


すんごく頭のいい同級生がいた。
ほんとに天才というくらい頭がよかった。
でも、家の都合で中学にほとんど行けなかったか、
高校に進学できなかった。
ある日、偶然だかなんだかでその同級生に会ったとき
その同級生がすごく興奮した様子で
「オレはすごい発見をした」
「コレは数学における大発見だ」
と、言ってきたそうだ。
んで、それがどんな発見かと言うと、連立方程式の解だったか
2次方程式の解の方法だった。


とかいうのを読んだ記憶がある。
ほんとに大昔で、しかもその本をどっかにやってしまったらしく
中島らもだったかもさだかじゃないんだけど。




こんな風に人が一生懸命、時間をかけたもんを1時間かそこらで教えてもらうって、すごいことなんじゃなかろうかと思うんよね。

それじゃあ、その法則やら解法やらを発見した人がえらいんであって、教えてる先生はちゃうんちゃうの?っちうとそれもまた違うような気がすんだよな。
だって、等加速直線運動を1時間で40人いる生徒の少なくとも半分に理解できるように伝えるって大変だと思うんですが…。
(あたしが物理が苦手なだけ?)



たしかに頭がどうかしちゃってるんじゃないのってせんせぇもいるだろうし、悪法も法だとか言うつもりはないんよ。
でも、親が尊敬してない人物を子供(小・中ならとくに)が尊敬できるとは思えないんだけど。
親が「学校なんて」って思ってたら、子供もそう思っちゃうんじゃないかと。

先生を尊敬までする必要はないかもだけど、普通に人と人とか付き合うときには、相手に嫌われるようなことはあえてしないよなぁ。
それを先生にならしてもいいっていう発想はどっからくんだろか?
そりゃ、セクハラ教師とか理由のない暴力とかいじめとか、そういうのに対して親が戦わないといけない場合も、もちろんあるけど。



なんか「思う」とか「でも」ばっかりでいい加減だなぁ。
うーん。こういうのにはっきり自分の意見を言えるようにならんとあかんのだろうけど、あたしもまだ自分に自信がないとこがあって強く出れんところがあるなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No Subject
私も、同じようなこと思ったことある。うまくいえないけど。。
最近確かに、教師によるセクハラとか、買春とか、すごく多い気がするの。そういう人は確かに、学校にいてもらったら困る、って思う。
けど、喫茶店で普通に「あの先生がダメだ」とか「ホント困る」とか、学校や教師の悪口で盛り上がってるママがいて、それはどうなんだろう。。。って。
子供って結局、親の言うことを正しいことって取ったりもするだろうし、先生をちゃんと先生として見ている、って言う姿勢を親がまず見せないと、何か最近ニュースで見た「小学校での教師への暴力」とかも減らないんじゃ無いかな、って思いました。
あ~上手く言えない。ワケ分からなくて、ごめんなさい。
2006/09/15 (金) 15:46:11 | URL | しっぽ #-[ 編集]
No Subject
そーゆう、親御さん、おるね、おるおる。これでもかつて、幼稚園では「せんせい」って呼ばれたことあるからね。動物のやけど。
まぁとにかく好き勝手いわはります。でも、大概が、目の前で起こってることの内面が捉えられない想像力の弱い人が多いなぁってのが、
わしの印象。想像力がないから、子供にものを教えるのにも、
想像力を伸ばさせられないんやろうなぁって、ちょっと思った。
それと同じことを、某宗教の教祖さんが書いた本に眼を通したときにも思ったなぁ…
方程式の解を発見するのも、教えてもらって知るのと、
自分で発見するのとでは、同じ方程式であっても、そこから発展する
様々な事象への展開の見え方は、雲泥の差なんじゃないだろか?
と、思うなぁ。
知ってるから、分かってるつもり。これの発展形があの保護者さん方の一面にはあるんじゃないだろかね?なーんて思うよ。
2006/09/16 (土) 01:48:39 | URL | ねぎ #-[ 編集]
しっぽさん@まじで
あ、わかります。充分伝わってます。
そうなんです。教師の姉も言ってたんですが、最近、親御さんから
「うちの子が茶髪にするんです。あたしたちが言っても聞かないので先生から言って下さい」
てなことを言われることが多いっつうんですね。で、姉が言うには
「親が言ってきかんもんを、教師が言って聞くわけが無い」
と。ま、教師のほうが影響力を持つ場合もあるんでしょうが、大半は聞かないと。

ようはそういうことなんですよね。
あたしの思う極論を言うと、なんで学校で勉強だけ教えてるんじゃダメなんだ、と。しつけは家だろと。

ああ、あたしのほうが訳わかめ。すんません
2006/10/01 (日) 20:43:06 | URL | きょこ #-[ 編集]
>ねぎさん@まじで
よく言われるけど想像力弱いんですかねぇ。
相手の立場に立てんてことなんですかねぇ。

>方程式の解を発見するのも、教えてもらって知るのと、
自分で発見するのとでは、同じ方程式であっても、そこから発展する
様々な事象への展開の見え方は、雲泥の差なんじゃないだろか?

たしかに雲泥の差だとは思うんですよ。
でも、人間全員が全員、そこまで積極的に勉学に励むことのできる人ばっかりでもないと思うんですよね。
んだから、「方程式を教えてもらって理解する」ってことも充分意味のあることじゃないのかと思うんです。教えてもらえなかったら、一生分からない(知らない)ままになってまうんで。
だから、教えてくれる先生って存在もありがたいんではないかと思うわけですよ。たしかにサラリーマン先生もいるとは思いますが。
そういう風には考えられんもんかなーと。
2006/10/01 (日) 20:49:13 | URL | きょこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 きょうのおかず all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。