きょうのおかず
「おかず」はオットと息子の愛称です。 おいしいもんブログじゃないんです。 「今日のおかず」=「今日のオット&かずお」なんです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんかなんかだわ
わがチジさん。

遅刻を冗談めかして責められて、ちょっとアレだったんですね。
ついでに相手の非を持ち出して、やり返したんですね。
自分の非(理由あんだろうけど)を相手の非でごまかそうとするなんてねぇ。


あと私学助成金、ほんとにカットするんですかね?
あたしの実家の付近では、一番近い公立の幼稚園に行くのに大人の足で20分強かかるんですけどね。




話は変わって。
最近、たいしたことないのに小児科に駆け込む親が問題になってるようで。
そういうあたし自身、かずおが新生児~3ヶ月のころには、普段とちょっと違うところがあると、パニックになって病院に駆け込みたい衝動に駆られてたわ。
実際、駆け込んだこともあるわ。
今、思うと非常に恥ずかしいですが、そんときは真剣に「病院に行かないとえらいことになる」と思ってたんですよ。
まさに、パニック。

んで、新聞で「お母さんは、子供にとって最高の看護士であるべきである」という意見が載ってたんです。そのお母さんは、去年1年病院に行くことはなかったと。
正しい。
母の鏡ですよ。

この記事読んで、どどーんと落ちた。
こんなあたしですが、かずおを産むとき、というかかずおが出来て出産するまでに「母」になるのだ。と自分に言い聞かせたよ。
なぜなら、自分の適当さを誰よりも知ってたので。
自分なりに覚悟してたつもりだ。

でも、子育ては思ってた以上に大変で。
何事もそうだと思うんだけど、子供を育てるってのもやってみないと分からんことばっかでした。
結果が出るのが20年後。
人てのはみんな違うので、成功した人と同じにすれば成功するってもんでもないらしい。

テレビでもネットでも新聞でも、こんな親がいるあんな親がいる って言ってる。
あたしも、給食費を滞納するような親にはなりたくないし、ご飯を食べる場所で走り回ってる自分の子供を注意できないような親にもなりたくない。
子供を深夜まで連れまわすような親にはなりたくないし、ほんとに大変な病気や事故のための救急車に、早く診察して欲しいからと自分の子供を乗せるような親にもなりたくない。


そうなんだけど、給食費は滞納してないし、するつもりもないし、子供が騒いだら注意するし、夜は早く寝てもらうし(自分も楽なので)、救急車は使ったことないけど、でも、それでも、こんだけ「親」が非難されていると自分のことのように苦しくなる。
自分のことじゃないと思ってはいても、こんだけいろんなトコロに非難の芽があるなら、あたしもどっかに持ってるかもしれない。

非難されるのはイヤだけど、悪いことをしたらされるもんです。
悪いことはしたくないので、非難されるようなことはしたくないんです。
でも、あたしは親なので何かあれば非難されるのは当然なのです。
かずおに対して、責任があるのです。
でも、完璧ではないのです。




「でも」ばっかりの文章が頭の中で繰り返し繰り返しループしてる。
自分で強制終了するしかないんだけどなー。
自分のことなら強制終了できるんだけど、かずおが絡んでくると、ちょっと真剣に考えないとダメな気がしてなかなかできないのよ。


いい気分転換ないかなぁ。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No Subject
子供は、親のいいところをまねて、悪いところを反面として受け止められれば
よい人間に育つんだろうな。だから、自分で判断する眼を育ててやるのが
ホントによい教育なんではないか?と、俺は思う。
だから別にきょこが完璧な親である必要はないのではないかー。
かずおの一番の理解者であれるよう、努力してあげればいいんでないかー。
など思うのである。

非難の芽なんて誰しも持ってるもんでしょ。それが自覚できてれば
充分なんでないかい?
2008/02/10 (日) 00:06:22 | URL | ねぎ #-[ 編集]
>ねぎさん@なんかなんか
自分で判断する眼。どうやったら育つんでしょう?
なんかね。理想とする子供になって欲しいと思ってるわけではないと思ってるけど、心のどっかではそう思ってるのかもしれない。
たとえば、
やさしい子に、とか
人の気持ちが分かる子に、とか
やっぱり頭の良い子に、とか
などなど。
そういう風に考えてる自分がいやだ。

あとね、かずおの一番の理解者でありたいんだけど、でももしもかずおが大きくなって、口では言えないようなことをしでかしたら、あたしは一番の反対者にならんとなーと思ってる。
難しい。

お返事、ありがとうねー。
いろいろ反論したみたいになってしまったけど、ねぎさんの書いてくれたことはいつもいつも心に刻んでおきます。
一人じゃないなーと思えます。
2008/03/09 (日) 22:23:52 | URL | きょこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 きょうのおかず all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。