きょうのおかず
「おかず」はオットと息子の愛称です。 おいしいもんブログじゃないんです。 「今日のおかず」=「今日のオット&かずお」なんです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文句だけなら言える
片付けの本を読んでます。ときめいちゃう感じのあの本。ちゃんと買いましたよ。
どっかで書いたけども、こういう関係の本は普通図書館で借りるんだけども、それがなんでまた買ったかというと、

■収納でも掃除でもなく、片付けることがメインだった

■衣替えが必要ないと書いていた
 ↑単なるズボラなんだけど、あたしもすごく思ってた。今って冬でもTシャツ着るし。

というところにすごく惹かれる。

この家に引っ越してきて5年。引っ越し当時は賃貸時代に荷物を増やさないようにしてたこともあり、すっきり完璧ではないけどなんとか過ごせてきた。でも5年。子供も二人になりおもちゃも増え、洋服も増え、物の多さにイライラが溜まって来た。なんとかしたいんだけど、どうしていいか分からない。
なんとかしたいしたいと思いながら、完璧に出来ないならやらないという自分の性格も分かってたので、この本をわざわざ買うことでテンションを上げたいという事も大きかった。


場所別でなくモノ別に一気に片付けるとか書類の整理とか、当たり前っちゃあ当たり前なんだけどかなりためになった。もう洋服なんかは明日にでも全部出してきて分別したいくらいテンションあがったし。

ただ、本の整理に関しては全然同意できなかった。特に「読み返される本はほとんどない」「本を読むのは本を読むという経験を求めている」「必要な箇所だけ残してあとは捨ててしまっても構わない」というところが。
読み返さない本なんてほとんどない。本を読むのに何かを求めるとは?読みたいから読む。そして一番アレなのが必要な箇所って何ですかソレ?しかもその必要な部分を残すために本を破るとかありえない。この破って保存方式は結局読み返さないということで自身で否定されてますが。当たり前だ。誰がそんな切れっぱしを読みたいものか。

読書は好き(と書いていた)なんだろうけど「本」は好きじゃないんだろな。いつかの新聞のコラムに言葉を覚え始めたお孫さんと一緒にいると、本が本と名付けられているってすごいと感じるようになったと書いているものがあったけども、そっちの方がよっぽど素敵だ。



きちんと片付けてないあたしがこんなこと言っちゃうのもアレなので、片付けます。



と、ここまで昨日の夜書いて、今朝。
当たり前だが、個人に向けて書くもんじゃないし、本を読み返さない人が多いのかもしらん。あたしだって多くはないが読み返さないであろう本を売ることには抵抗がない。ちなみに今売ろうかと思ってるのは「バチスタ」のアレ。面白かったけど、たぶん読み返さない。ほんと面白かったんだけどね。
でも、本を破ることに抵抗がある人は多いんじゃないかと思う。


スポンサーサイト
copyright © 2005 きょうのおかず all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。