きょうのおかず
「おかず」はオットと息子の愛称です。 おいしいもんブログじゃないんです。 「今日のおかず」=「今日のオット&かずお」なんです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かなり難題
最近かずおのお気に入り。
「いもむしれっしゃ」

どうでもいいけど、名詞をひらがな表記にするのってむずかしいわ。
思わず変換してまう。


にしはらみのり



カレはこれを自分で選びました。
うそだと思われるかもしれないんですが、本屋に行き、ちょっと目を離したすき(本屋以外でも目を離すとろくなことにならないので注意してるつもりなんですが、そこはアレです。その目をかいくぐって脱走するのが子供です)に自分でこれを持って来た。

そんときはとりあえず本を戻して、ほかにもいろいろ見てから
「どれにしよかー?」
と聞いたら、またこれを持ってきましたよ。

そんなに言うなら、ということで買ったんですが、これがなかなかツボ。


まず、いもむしれっしゃは「がたんもにょん」と走る。
がんばるときは「がったんもぉにょん」と走る。
疲れて帰るときは「がたんもにょーん」と走る。

なんだ!その微妙さは!


次に、いもむしれっしゃには触覚のようなものがついている。
いもむしれっしゃは、丸を五つつなげた形をしているのだが、その一つ一つから黒い触角のような紐が2本出ている。
これが、虫は結構平気だけど、毛虫芋虫が結構苦手なあたしからすると非常に気持ち悪い。
毛虫芋虫を見て「きゃー」とか言ったりはしないし、足で踏み潰したりもできるのだけど、ヤツらを見かけるとどうしても細部まで凝視してしまって、気持ち悪くなる。
その日、もしくは一週間以内に布団の中に毛虫芋虫ついでにミミズが大量に発生する夢を見るのもイヤだ。
それだけでなく、この本に出てくる虫は擬人化されていないものについては要注意。





まあ、一番何がアレってね。
かずおに「いもれっしゃの歌歌って」と言われることがね…。



でもね。「そんなのねーよ」と思いながらも、

がぁったーん もーにょん
いもむしれっしゃー
まいにちー はしるよー
いもむしれっしゃー

と、トトロの「歩こう歩こう…」の節で歌うんですよ。




スポンサーサイト
ぬくー
去年植えた桜の木。
桜の花というより、「食べられるさくらんんぼがなる」という前提で買った木なのですが、蕾がついた。
かわいいなー。
つぼみがついたってことは、実がなるかなー。
雌雄がなくてもいけるってことだったから、実がなるかなー。
なったらいいなー。


画像追加
この日記書いた日の桜
sakura1.jpg


この日記書いた次の日の桜
sakura2.jpg



咲いたわー。




最近のかずおくん。
母親べったりだったのが、ちょっとマシになってきた。
友達の家に行って、友達と遊べるようになってきたのよー。

いやー、この当たり前のことができなかったんです。
なんというか、あたしの愛情不足なのか、もしくは、あたしが愛情だと勘違いしてなにかマチガッタもんを与えて来続けたのか、とかいろいろ考えたよ。
ちょっと安心したわ。

ていうか、あたしの育児ってずーっとこんなんだわ。
かずおがアレができないコレができないって、それを全部自分のせいにして、はやく軌道修正しないとって焦ってイライラして。
(ていうても、毎日毎時間毎分そんな風に考えてるわけではないですけど)

最近は、そんな風だとかずおがかわいそうだよなーと思えるくらいの余裕はできてきたのか?
と自分で思います。
子供と一緒に成長するとは良く言ったもんですが、あたしの場合はもとが成熟していなかったのか人よりいっぱい悩んでる気もするけど、それもまた良しと思えるようになってきたわ。


春だわー。



私信
いっぷくさん。

いちご復活?やったー。春だわー。

古いので
実家へ帰り、再度ストーブを取ってまいりました。
スウェーデンのPOD社の8Kというやつ。
これの76Kというのもあったが、父に取られた。





あたしの古い記憶では、これ一台で結構ぬくくなったような気がする。
今あるアラジンより。

なので、使いたいのだが。
が、芯がない。



スウェーデンではまだ製造販売されてるみたいなんですが、日本では手に入りにくい模様。
異国と直接やりとりしてまで芯を購入する勇気はない。

が、これは母の形見みたいなもんなので、なんとかして使用したい。

どうしたものか。



オチはない。

copyright © 2005 きょうのおかず all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。