きょうのおかず
「おかず」はオットと息子の愛称です。 おいしいもんブログじゃないんです。 「今日のおかず」=「今日のオット&かずお」なんです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
むしろ命令形
メリークリスマス。


今日、家族で買い物に出かけたら街はすっかりクリスマスムード。
着ぐるみのサンタさんやトナカイさんがいて、かずおもお菓子をもらったりして。
いいわねー。

今日、家族で(近所の生協に)買い物に出かけたら街(町内とも言う)はすっかりクリスマスムード。
(生協の人の)着ぐるみのサンタさん(黒い毛が見えてますから)やトナカイさん(上司に挨拶するのはやめよう)がいて、かずおも(めっさ怖がりながら)お菓子をもらったりして。
いいわねー。





ウチの実家の父からプラレールの線路のプレゼント。
オット実家の義父からプラレールの電車のプレゼント。
ということで、オットの力作。
明日からコレを片付けるのはオレだ。
おもちゃの片付けはかずおの仕事だが、メインはなぜかオレ。

prarail.jpg





そんなあたしが作ったケーキよ。
どうよ。褒めていいわよ。っていうか褒めろ。

cake2.jpg


cake1.jpg






さっき、かずおを寝かしつけてるとき。
オットがかずおに
「今日の夜、サンタさん来てくれるかなー」
「かずお、いい子やったから来てくれるよなー」
と、話しかけていた。

すると、かずお。
「…。パンダさん?」


うん。パンダさん。

スポンサーサイト
廊下もときには
ここ数日、かずおがやっと話そうとする意思を持ち始めたようだ。

これまで、同年代(?)の友達がよく分からないながらもいろいろ話しながら遊んでいるのを横目で眺めながら、ひたすら抱っこの道を歩み続けてきたかずお。
2歳児としての方向性見失ってないか、と何度つっこみたかったことか。
んが、今んところDNAと育て方により現在のかずおが導き出されたと言える。
ということは己のせいだと自分に言い聞かせ、じっと耐えてきましたよ。(ここでグチも言いましたが)

その、かずおが2語文どころか3語文ですよ。
「てにをは」は使えないけど。
しかも、自分でしゃべってるのに音がするから何かしら安心感があるのか、一人で遊べる時間も増えてきたよ。
うえーい。すごい楽。
かずおが起きてるのに、ご飯作れるよ。



ここ あーたん、おっちん(ここに、お母さん、座れ)
どんちち、ここ、いっぱい(どんぐり、ここに、いっぱい=拾え)
ぱーぷー、いっこ、いう(豆腐、もう一個、要る・食べる)
名前、とと、どうぞ(名前、金魚にえさをやる=やらせろ)
うんこ、ある、きれい(うんこをした、きれいにしろ) これは3語文じゃないな…



あと、なぜか「自分でする」ってことを「よいよい」だと思ってる模様。
 おむ、よいよい
とは
 おむつを自分で穿く もしくは 脱ぐ
ということになるようだ。
実際には、脱ぐはできるが穿くはできないが。



話をしてくれるのは、すっごいうれしいんだがその内容を把握するのが大変。
なにせ「りんご」が「うんこ」に聞こえるくらいのレベルだ(汚くて失礼)。

「うんこ」
「うんこしたん?」
「な!うんこ!」(違う!)
「うんこ…。黄色?」(黄色もうんこになるときがある)
「な!!うんこ!!」
「ああ、りんご?」
「うん。うんこ」


という、すごくいやな会話が繰り広げられることになる。

それもまたたまらん。
たまらんぞ、2歳。

ミーハー
前巷説百物語
のだめ 19巻
チーム・バチスタの栄光 上下巻

本日、購入。



あたしは本を買う場合、あんまりにもただ今現在流行っているのを買うのに抵抗がある。とってもある。
今だに「セカチュー」も読めてない。読みたいのかと聞かれると、そうでもないんだけどさ。

セカチューと言えば。
セカチューが流行ってるときに、N○VAの講師に
「趣味は読書か。セカチュー読んだか?」
と聞かれ、とっさに
「読んだ、読んだ」
と答えてしまった(なぜだ?)。と、その講師にさらに
「映画のテープを運ぶ子供は、朔太郎の現在の恋人か?」
とか聞かれ、オレ映画も知らん、と思いながらも
「たぶん、そうだ」
と適当に本当に適当に答えた、すごく恥ずかしい記憶がよみがえる。

なので、きっと読まずにいると思う。



なんの話かと言うと、今回買った本だ。
バチスタにのだめに京極だ。
本屋さんの店員さんに「この人、流行に流されてるわ」とか思われてないだろうか?
とか思ってしまう自分の自意識過剰さが余計に恥ずかしい。
のだめや京極さんが流行ってるかとか、そういう意味でなくて。たくさんの人に読まれていると、そういうこと。
別にマニアックな本を読んでる人が偉いわけでないと思ってるんですがね。
本読まなくても、えらい人はたくさんいると思うし。


ただ、これだけは言わせて欲しいの!
バチスタは結構前から目つけてたの!
お笑いの若手が売れてから、「ああ、あの人おもしろいと思ってた」って言うのと同じだってのはわかってるの!
ジャ○ーズジュニアの中で「あの子は人気出ると思ってた」ってのと同じだってのはわかってるの!(でも、ジャ○ーズジュニアて誰がいるの?)
でも、ほんとなの!

て、説得力0だな。




最近、オットに似てきたかずおくん。

zukin.jpg
うまい のか?
この記事書いてる途中にパソが固まりかけて、というか、パソが一生懸命あたしに隠れてなにかの処理をやってるようで、画面が重たいの。
なので、保存したんだけど画面がまっちろになって帰っていらっさならいの。
一応、新しい画面を開こうとしてるようだったから、保存はされたかなー、されてなかったらこの記事はボツだなーと思って確認すると、いけてました。
よかった。
ただでさえ遅筆なあたしのことですから、一日分がパァになったら、1ヶ月に1日とかになってしまうわ。それだと月記よねー。月記…。山月記…。虎。とか思ったりして、なんてつまんないことを考えるんだ、オレ。


ということで、こっからが本文↓。



姉2からみかんのジャムをもらう。
オレンジでなくて、みかん。

mikan.jpg


オレンジのマーマレードより、甘くて苦味がない感じ。
パンにつけてもおいしいんだけど、やっぱあの苦味がないとなーという感じ(すまん姉)。
なので、ゴマ擂って白味噌まぜてみました。ジャムなので砂糖は不要。
酒でのばして、かずおも食べるので鍋でアルコール飛ばして。
みかん味噌。
ふろふき大根に合うねー。
豆腐にもよさげだねー。
スティックにしたキュウリ、にんじん、大根、つけてもいけるねー。




remon.jpg


今年、オット実家ではレモンが大量になっている。
昨年はみかんも全滅で、レモンも2個くらいしかならなかったらしいのに、今年は大当たり。
ありがたやー。
で、つくったのが「レモンスクエア」。
クッキー生地を作って、焼いてる間にレモンの汁に卵と砂糖と小麦粉とベーキングパウダーを混ぜ混ぜして(本によると「グレイズ」というらしいんだけどネットで調べても詳細はよくわかんね)。
クッキー生地が焼きあがったらその上にこの「グレイズ」とやらを流し入れて、また焼く。
下がクッキー、上がもっちりのレモン風味の生地で、すんごいおいしい。
写真はまったくおいしそうでないですが、ほんとおいしい。

お菓子なので分量は適当にっちう訳にはいかないので、ここで書きたいんですが、なにせあたし自身も本を見て作ってるので、それはまずいよなーと。
「オレンジとレモンのお菓子」福田里香
て本なのですが、今はもう売ってないみたいだしなー。
(知りたい人、いらっさるかなぁ…)




本日の晩ご飯。
マカロニグラタン(ホワイトソース)
さばの味噌煮
白菜と油揚げの煮物
味噌汁

いろんな要素が入り混じった献立なのは、昨日オットが飲み会で晩御飯を食べなかったから。
オットがいないと残ってしょうがないのよねー。(単なるあたしの手抜きですが)

マカロニグラタンとかクリームコロッケというのは、あたしの実家では誕生日限定料理。
ウチの実家では、誕生日の晩ご飯は好きなメニューを注文できるシステムで、あたしは誕生日に「カップラーメンが食べたい」だの「お寿司、握り限定」などと注文しては母親に嫌がられてたな…。


今日のグラタンは成功。
分量が適当だったのが悔やまれる。いっつもホワイトソースが多すぎたり少なすぎたり。
やっぱりマカロニはグラタン用でなく、普通のやつを使うほうがおいしいと思うわー。
グラタン用って太すぎて、マカロニ食べてる気分なのよねー。
あ、でもマカロニグラタンだから、それで正解か?

それでも元気なんだけど
かずおと家の中で遊んでいると、あくびが出る。
楽しくないわけではないんだけど、ってのは言い訳というかきれいごとで、正直なところ、おもちゃ電車を手動でガタゴトはあんまり楽しめない。
楽しそうにしてるかずおを見るのはうれしいので、なるべくかずおにやらせたいんだけど、かずおはあたしが電車を動かすのを見てるのが楽しいらしく、「あーたん、どぞー」と、あたしにやらせる。
と、あたしはあくびが出る訳だ。

なので、あたしはかずおと外に出る。
公園が目の前なので、朝も昼寝が終わったあとも遊ぶとなると外に出る。

そういう自分がたまにイヤになる。
外で遊ばすのは悪くはないと思うけど、あたしのやってるのは「あたしの事情」で外に連れ出しているだけなのだと思うのだ。




かずおは抱っこマンなので、あたしはほんとに良くかずおを抱っこする。
と、思っていたのだけど最近気付いた。
あたしが抱っこ母なだけなのだ。
「あたし」がかずおが歩くのを待ってあげれないだけなのよ。
かずおが歩いてるときに、きっといらいらのオーラを出してるんだよ。
だから、かずおが歩くのを遠慮してるのかもしれない。





どっちのことにしても、あたしはかずおとちゃんと向き合ってないのではないかと思うわけなのよ。
そんなので悩むのはアホくさいってのは、育児歴2年だけどわかっちゃいるのよ。
向き合ってるとか向き合ってないなんていう重大な問題じゃないのよ、きっと。
でも、ときどきそういうくだんないことで落ちたりするよ。

そんな日だよ。


11月まとめ
簡単に

読んだ本

薔薇の名前(上)      ウンベルト・エーコ
ぼんくら(上)       宮部みゆき
わが身世にふるじじわかし  芦原すなお


今月は以前読んだ本ばっか。
しかも上巻だけとか。



観た映画
忘れた





最近、オットのおかさんから微妙なジャブを打たれている。
「最近、時間が余ってしょうがないわー」
「公園は孫連れたじじばばばっかりやろー」
等々。

おそらく、ちうか確実にかずおを預かったりしたいんだろなー。

そんなおかさんが仕事の話をしてくれた。
すごく興味ありあり系。ちょっとやってみたい。
でも、かずおを預かりたいという陰謀もちょっと香ってくる。
でも、仕事内容的にはすげーやってみたい。


あああああああああ


とかとか
ホシノジャパンとか
ウエダジャパンとか
ヤナギモトジャパンとか
☆おめでとうホシノジャパン



11月30日。オットの会社が会社ごと休みだったのでオット3連休!ウッホー
とうかれていたら、風邪をひく。

しかも胃腸に来るとか
吐くとか
40度の熱を出すとか
座薬を2種類処方されるとか
3連休は寝て過ごすとか。

寝て過ごせるのもオットのおかげでございます。



かずおの世話は言わずもがな。
洗濯とか
ゴミ出しとか
お風呂洗いとか
夜には流しの生ゴミ処理とか
お茶碗洗い(ていっても食洗にほりこむだけだが)とか
買い物とか。

全部全部あんがとう。






copyright © 2005 きょうのおかず all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。