きょうのおかず
「おかず」はオットと息子の愛称です。 おいしいもんブログじゃないんです。 「今日のおかず」=「今日のオット&かずお」なんです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔女っ子きょこちゃん
たいていのことが出来るまで人より時間がかかる男、かずお。

いまだに2語分(パパ、カイシャとかマンマ、オイシイとかそういうの)が微妙。
ときどき、座っているのにバランスをくずし、オシリで一回転したりするくらい、運動神経も微妙。


そんなかずおが最近はまっているのが、ジャンプ。
発音は ジャンと、「プ」を強調するのが正しいらしい。
床から5ミリほどしか浮いてませんが。


運動神経が微妙な男が、飛んだり跳ねたり(くどいですが床から5ミリですが)した場合、少なくとも3回に1回の割合でどっかを打ちます。大抵、足の指。

そんなときは、あたしを呼び「あっぺ」を要求します。


「あっぺ」
母親に痛めた部分を食べる(マネ)をしてもらうこと

ということらしいです。
なぜ「あっぺ」なのか、どっからその発音が来てるのか、まったく不明。
でも、大なり小なり痛みであれば効果はあるみたいです。

不思議。





ここだけの話、「あっぺ」はあたしにだけしか要求しません。
それがうれしかったりするんです。

スポンサーサイト
ぼちぼち
昨日までと設定温度は変わってないはずなのに、座った瞬間太ももがヒヤッとすると、ああ寒くなったんだなーと思います。トイレ。


ということで、ストーブ出してきました。
というか実家から強奪してきました。
実家ではだれも使ってないもんで。


20071120212711.jpg





アラジンのストーブ。檻入り。
10数年前、ウチの母親がどっかから手に入れてきたもの。
10数年前にすでに中古。
アラジンのサイトで品番から調べてみたら、昭和50年から52年生まれです。
かすかに同級生のかほりがします。

現役です。
(アフィリ画像ですが)下の画像と比べてみて気付いたんだけど、本体周囲の針金がない。
熱いのは触ってみりゃー分かんだろっちゅう強引さがステキです。


あたしは、(三十路越えてから特に)こういうシンプルな作りの物で、いつまで経っても使えるちゅうの好きなんですが、ウチの母親も好きだったんだなーと思うわ。
と言っても、昔はなんでこんな灯油のタンクも外れない不便で重たい昔のものを使いたがるのか、まったく理解できなかったんですけどね。
芯だって綿だから減ってくし。灯油がなくなった時点で燃え尽きちゃうし。
暑けりゃ寒けりゃ、エアコンつけさしてくれ、と思ってましたね。




かずおもそう思うんだろなー。
快適ってのはステキだもんな。しょうがないよなー。

今は牛乳がないってだけで、べそかいてるのに。


20071120212725.jpg

得意ではない
本日、実の父親から荷物が届いた。


宛名は、実に適当な住所になっていた。
「○○市▲▲町」のあとの番地が綺麗な連番1234になっていた。
当たり前だが、うちの住所とはまったく違っている。
よくこれで届けてくれたもんだ。
ありがとう。宅配のお兄ちゃん。


届いたのはカニだ。
しかも生きている。
今も、うしろの食卓の上にのせた発泡スチロールの中でウゴウゴしている。
多少、気持ち悪い。


うれしいといえばうれしいのだ。
でも、なぜ生きているのだ?
いや、フレッシュでデリシャスなものをイートさせてあげたいという父のハートは、痛いほどセンキュウありがたく染み渡っているのだが、発泡スチロールを空けたモーメント瞬間に、ウゴッとカニのフットがジャンピングしてきた時のあたしのアレをイマジンしていただきたい。




それにしても、ウチの家も出世(?)したもんだ。
昔はほんっとうに牛肉なんて食べなかったもんなー。
食べたとしても、ミンチ。
昔、書いたような気もするけど、ポテチの一袋一人食いが夢だったもんなー。
お正月用に頼む生麺のラーメンが待ち遠しくてさー。
大晦日だけは、夜更かしオッケーで、お菓子が食べ放題。
小学生んときは、母親がどっかから仕入れてきたいんちきくさい知識で、たまねぎを食べたら頭が良くなるってのがあって、やたらたまねぎやらねぎやら食べてたよなー。

それがカニだよカニ。松葉ガニ。



どうやって、下処理すりゃいいんだよ。
お、説明がついてます。


①茹でる場合は…
活きている場合はぬるま湯に5分位つけて殺します。





こここここ、こ○すんですね。


2008年に映画化とか
元気です。
コメントくださった皆様、ありがとうございます。
元気です。かずおも元気です。オットも。
コメント、きちんとお返事させていただきます。
ほんとありがとうございます。





こないだ偶然立ち寄った駅前の本屋さん(古本もあり)で、
ずーとずーと探していた本を発見。入手。


淀どの日記。(だけじゃないが)
1冊500円。
yodo2.jpg yodo1.jpg

(下のほうにユニクロさんのスリッパヌクイが見えてるのは気にするな)




池宮 彰一郎さんの「本能寺(上下)」
司馬さんの「覇王の家」「豊臣家の人々」「城塞」
永井路子さんの「王者の妻」

あたりを、こうなんてぇのか欲望のおもむくままにえっちらおっちら読んでたときに、なぜかこの本の存在を知ることになって読みたいなーと思ってたんだけど、古本でしかなかったんだよ。しかも、お高い。

なもんで、発見したときには小躍りしそうな勢いで購入。
紙袋2枚にして入れてくれたよ。それくらい重かったよ。
友達と待ち合わせしてたんだけどね。気にしないよ(あたしはね)。

でも、今度のお正月に映画化されるみたいだね。
そんで、それにあわせて文庫本でも出るみたいだね。
文庫本。ちっさいよね。きっと布団の中でも読みやすいよね。

いいの。それでも、いいの。
ハードカバーの本って好きだから。
文庫本でも780円ってんだからね。ちょっとは得してるハズ。
あたしって人間はちっさいですよ。





ところで、今日あたしはミラクルを見たよ ↓

daruma3.jpg


copyright © 2005 きょうのおかず all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。