きょうのおかず
「おかず」はオットと息子の愛称です。 おいしいもんブログじゃないんです。 「今日のおかず」=「今日のオット&かずお」なんです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまりにもな週末
金曜にお腹を下し、土曜から嘔吐・発熱。
日曜は一日寝て過ごしました。


そんなこんなだったせいか夢見が悪かった。

戦争です。

あたしとオットが戦争へ。
戦争っていっても、ある国で4つくらいの勢力が争ってるってんだから、戦争っていうより内戦?そこらへんの定義は良く分からんのだけど、あたしとオットはその国に行くことになる。


話の本筋にはあんま関係ないんだけどその夢の設定。
A国…世界で最も強い(いろんな意味で)国
B国…A国のおせっかいに辟易してる国
C国…あたし達夫婦の国。A国と仲良しっていうか、隷属状態。

そもそもなんで内戦状態の国に別の国のあたし達夫婦が行くことになるかっちうと、以前から不穏な感じだったA国とB国で戦争が始まり、A国が大国の力を見せ付けて大勝。

その後、A国によるB国への干渉開始。
それに対する反発やら、その反発に対する反発やらでB国はえらいこっちゃに。A国は、奴隷であるC国にB国の国内の鎮圧っていうか安定を丸投げ。
C国の現在の兵隊の数ではとんでもなく足りないので、C国は民間人から徴兵。あたし達夫婦ビンゴ。

んで、派兵。
夫婦そろって同じ部隊(らしい)のは、政府の温情らしい。


あ、当然ですけどあくまであたしの夢の設定です。
あ、このむちゃくちゃな設定から分かるとは思うんですが、あたしは別にこういう話が好きなわけでも詳しいわけでもないです。



そんなこんなで、あたしとオットは何をしたらいいのかも良く分からない状態で、C国が(A国が)ひいきにしているB国の勢力に混じって、ボーリングの玉がボンボン飛び交う(なぜかミサイルでなくてボーリングの玉。お金がないらしい)中に放り出されてる。

こやって書くと、ちょっとギャグみたいだなぁ。


ま、でもなんせボーリングの玉だから爆発はしないけど、当然当たれば死ぬ。しかもボンボン飛んでくるから、結構というか本気で怖かった。




そんな中であたしが思ったこと。

「かずおのために、なんとしても生きて帰る。二人で生きて帰る」

これでした。



これが、なぜか自分でもすごいなーと思った。
以前だったら、オットが一緒なら死んでもいいかーって思ってたと思う。ていうか、今回の夢のなかでもボーリングの玉が飛んできてあわやっていう時があった。
そんとき一瞬だけ「オットも一緒ならいっか」って思った。

でも、つぎの瞬間に「かずおのために」って思った。
なんかそれが自分ですんごい不思議。

自分で「あたしって親ぽい」とか思ったことは、本気で一回も無いけど、この夢を見て、「おお、あたしもちょっとだけ『親』ってヤツかー」と。ちょっとそれにびっくりしてしまった。







昨日から、乳断ち開始。
理由は、最近のかずおは乳を飲むより遊ぶほうに夢中だ。
健康上問題がないなら、止めてしまおうかと。

かずおのジェスチャー。
「良い?」って聞くときは首を上下に
「ダメ?」って聞くときは首を左右に

今日、どうしても乳が欲しかった(飲みたいというより甘えたい)かずおは、あたしの上の服のすそをつかんで、あたしの顔をじぃっと見て、首を上下に振って確認してましたよ。
答えは勿論「否」ですけどね。

ああ、かわいい。
スポンサーサイト
簡単に
先週の金曜のことになりますが、前住んでたところの友達がわざわざ岸和田までやってきてくれました。
木曜までは良い天気だったのに、雨降ってるし。
くぅぅぅぅぅ。
やはり小学校6年生の修学旅行に台風を呼んだくらいの、高校んときの修学旅行(フェリー乗船時)に台風を呼んだくらいの、あたしの台風女っぷりのせいかっ!?

みんな、ありがとう。



んで、住んで2ヶ月とは思えないくらいの生活感にあふれた我が家。
大根転がっててごめんね。
たまねぎ転がっててごめんね。
これでも掃除してみたの。

外溝工事しててごめんね。
泥だらけでごめんね。


そして、なにより、みんな来てくれるってのに、
食べ物が全部店屋物でごめんねー!!




そんな(手抜きな)あたしの姉に教えてもらった超簡単メニュー。

ジャガイモ
トマト
ベーコン
塩コショウ
チーズ


ジャガイモを1センチくらいの輪切りにしてレンジでチン。それほどやわらかくならなくてもOK。
トマトを湯むきして1センチくらいの輪切りにしてから、さらに4つくらいに切るな大きさに切る。
耐熱容器にジャガイモ、トマト、ベーコンを適当に重ねながら並べる。
あれば生クリームを上からちょっとかける。無ければ無しでOK。
チーズをたっぷりかける。
パン粉をふる。なければ無しで。
オーブンで焼く。
焼くのはグラタンとかそういうのとおんなじようでOK。

なんとも居酒屋チックな料理の出来上がり。









最後に、みんな来てくれてあんがと。
親7 子7 で、どれが自分の子か良く分からんくらいやったけど、楽しかったわー。
また、来てー(遠いって?)



いえっす
みなさん、二つ前の記事!
オットコメントちゅうーもーく。

買っていいって?ちうか、買ってくれるの?
いえっす!
あ、その下のサロモンがどうとかいうのは見えないよね、ねねね。




それは置いといて、かずおくん。
ほら、1歳児ってもう寝るときとかに布団かぶってるとかかぶってないとか、布団の上下とか、敷布団だとか掛け布団だとかまるで関係なし。

なんだけど、こないだの2月あたまの寒さはさすがに堪えたようで。
ごろんごろんと布団の上を自由自在に動きまくったあげく、布団の外へコースアウト。

いつもだとそのままその場所で寝るんだけど、寒かったんだろね。
布団へ戻ろうとするんです。目はつぶってるんだけど、立ち上がって本能の導くまま、あたしの顔の辺りまで歩いて戻ってくるまではいいんだけど、布団に入るって高度な技術を要するもんだったのね。

あたしの頭の辺りに立ってるから、あたしが布団の肩口を持ち上げて「ささ、お入り」ってやってやると、布団に入ろうとすんだけど、その場所で横になるもんだから、当然頭が下。
おもしろいから、そのまま布団を掛けてみる。

しばらくすると、45度回転。
もうしばらくすると45度回転。
さらに、もうしばらくすると45度回転。
最終的にもっかい45度回転。

んで、頭を布団から出すことに成功。



これがもうかわいいのなんのって。
これ以来、寝かしつけるときはあたしが先に布団に入って「お入り」して、回転するかずおくんを観察することが楽しみになってます。

五感って
熱下がりました。
でも、なぜか鼻水は出ないのに鼻が利きません。

そんでアレなのね。
嗅覚が働かないと、味覚もおかしくなんのね。
今、まったくもって味がわっかりません。
味付けはすべて、適当です。
ためしに塩をなめてみたけど、ぜんぜん塩の味がしませんでした。
ポカリとお茶を二つのコップに入れて飲み比べてみたけど違いはなかった。
ついでに、お茶とポカリを混ぜて飲んでみたけど、味の違いは分からんかった(やりすぎ?)。


かずおはもちろんどんな味でも文句はいいません。(拒否されることはあるけど)おっとは基本的にどんなもんでも食べてくれます。
ということで、現在おかず家の料理の味はもしかするととんでもないことになっているかもしれない。



んで、発見したこと。

物を食べたとき、とくに自分の好きなものとかを食べたときにはなんとなくにおいがわかること。

これはたぶん食べたものが鼻の近くを通るから、そのときににおいがしてるってのもあるとは思うんだけど、味覚の記憶によるにおいもあるんではないかと。
つまり、今食べてるこれはオットが東京出張のお土産に買って来てくれたラ・ガナッシュである。以前食べたときにはこういう味であったという味覚の記憶が、そんときに感じたにおいを脳みそで電気信号として作り出して再現してるんではないかと。


もうひとつは、灯油のにおいがまったくしないほど鼻は機能してないのに、パンを焼いて、トースターを開けた瞬間とか、お味噌汁のお鍋の蓋を開けた瞬間とかには、なぜかパンの焼けたにおいとか、お味噌汁のにおいがすること。

これは視覚の記憶によるにおい。
これはパンが焼けているっていう視覚からの電気信号が脳みそに伝わって、そっから嗅覚の記憶が呼び覚まされてパンの焼けるにおいが電気信号になって脳みそで再現されてるんじゃないかと。




と、ここまで書いて、なんてつまらないことを書いてるんだと…。
ほんっとに長らくブログから離れてたのでリハビリだと思って我慢してください。

病の一週間
1月最終週からおかず家は病の嵐が吹き荒れてます。
そんなかでも一番のやっかいもの、かずおのヘルペスの顛末。


1月20日
かずお、夜中発熱 38℃ちょい。
風邪ひいたかなーと思いながら、それほどしんどそうでもないから
月曜に病院に行きゃーいいかなーと。

1月21日
熱はあるけど、まま元気。
ご飯はあんまり食べないけど、おぱいこは飲む。

1月22日
38℃ちょい。
病院へ。
風邪と診断。薬をもらって帰る。

1月23日
39℃越え。
口内炎発見。歯茎も腫れてる。
再度、病院へ。
ヘルペスと診断される。
ヘルペスの薬も追加。
2月2日に予約を入れてもらう。

1月24日(あたしの誕生日)
しんどそう。ごはん、ほぼ食べない。
野菜ジュース、おぱいこは飲む。
深夜におにぎり一個食べる。

1月25日
39℃越え。
どうにもこうにも熱が下がらないので、再度病院へ。
市民病院の紹介状を書いてもらう。

1月26日
39℃越え。
市民病院へ
血液検査、尿検査をしてもらう。
点滴2時間。
腕を動かせないように骨折のときのような添え物をして固定。
超不機嫌。2時間の間ずーっとおぱいこ。飲んでないけど精神安定のため?
血液検査の結果。やっぱりヘルペスだと。
入院してもいいけど、おっぱいも飲んでるし脱水にもなってないので
家でいても大丈夫でしょうということなので家に帰る。
解熱剤(飲むやつ)を飲ませるが、あんまり下がらない。
30日の予約をもらう。

1月27日
40℃まで熱を出す、んが元気。
口内炎、歯茎の腫れともにましに。
ご飯もちょっとずつ食べる。

1月28日
またも40℃越え
でも、だいぶ元気。

1月29日
前日とおんなじ症状
んが、体に赤いぷつぷつが
もしや・・・

1月30日
あかいぷつぷつが全身に。
ぷつぷつとともに、すんごい不機嫌。
一日中抱っこ。
病院へ。
あいやー。突発発疹も併発というか、ヘルペスのあとに突発にもかかったらしい。
だから、解熱剤が効かなかったんだって。
突発の熱には効かないんだって。

1月31日
ああ、もう超不機嫌。
一日中抱っこ。
熱は下がる。
ご飯も食べるが、あたしのひざの上。
せっかくすすんでたおぱいこ離れも頓挫。
また、最初っからか。げんなり。

2月1日
夜からあたし発熱。38℃越え。

2月2日 今日
かずおをじいちゃん・ばあちゃんに預ける(家から徒歩10分弱)
なぜか、かずおが車でじいちゃん・ばあちゃん家に行くのを見送るだけで涙が出そうになる。
ああ、かずおがこっち見てるよ。そんな目で見るなよー。
かあちゃんだって、あんたと離れたくないんだよー。
治ったばっかで、甘えたなあんたと、あたしべったりなあんたと離れるのはつらいんだよー。




ということで、なかなか大変でした。
先週一週間はほぼ寝てません。
かずおがしょっちゅう起きるので、夜はずーっとおっぱいペロン状態で寝てました。(←これが風邪の原因かっ!!)

かずおの病気は結局
風邪⇒ヘルペス⇒突発
という風になってったみたいです。

ヘルペスは最初がきつく症状がでるらしい。次からの症状の出方はその人それぞれだそうな。
んで、ヘルペスっていうとぽつぽつと発疹が出るのを想像してたんですが、かずおの場合は歯茎が腫れました。これもよくある症状だそうだ。





うーん。
なんていうか、たんにヘルペスだったり風邪だったりするんだろうけど、なんせ子供はしゃべれないし、症状をつかむのがむずかしいなー。
よくある病気で、すぐに治るもんだっていうのを信じてる半面、ネットやら本やらを調べて
「でも、ここには2・3日でよくなるって書いてあるのに、まだ治らない。もしかして、別の病気??」
とか、重い病気だったらどうしようと考えてたり。

もちろん重い病気であって欲しいんじゃないんだけど、重い病気だったら早く発見しときたいと。だから心配でいろいろ疑ってしまうわけなんかなー。
でも、もちろんお医者さんの言うことを聞いて、その指示に従うしかあたしにはできないんですけどねー。


なかなか疲れる一週間(以上)でした。

この一週間のあいだに、誕生日(31歳よ!)もありましたがもちろんプレゼントもなし。厄年突入だし。
ま、かずおがよくなって良かったわ。




オットへ
雑誌で見たシープスキンのジャケットが可愛かったわー。
値段?
7万円よ。

copyright © 2005 きょうのおかず all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。