きょうのおかず
「おかず」はオットと息子の愛称です。 おいしいもんブログじゃないんです。 「今日のおかず」=「今日のオット&かずお」なんです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悩み
もう、あまりに放置し過ぎでなにがなんだか訳分からないので、以前のことは一旦忘れて、新しく始めよう。そうしよう。


ということで本の話です。
ウチの家には本があちこちに転がっている。そのあちこちに転がっている本をとりあえず集めてきてみたのがコレ。

hons

魔法使いハウルと火の悪魔(ハウルと動く城の原作ね)
城塞(下)
甘い蜜の部屋
台所のオーケストラ
テーブルの雲
御馳走帖
パーカーパインの事件簿

とりあえず全部読んでます。現在進行形で。

本はとりあえず寝室の裏に作ってもらった床から天井までの壁一面の本棚(夢だった)に収納してます。大体文庫が多いというか、ほとんど文庫なので本棚にはまだ入る。
まだ入るのになぜ収納してないかというと、すぐ読みたいから、いちいち上に取りに行きたくないから、手の届く範囲にあって欲しいから。というすごくだれた理由。
現在進行形で複数読んでるのも、いちいち取りに行くのがめんどくさいってのが理由だと思う。たぶん。
まだ読み終えてない本を取りに行くのは苦にならない。続きが読みたいから。



今のこのラインナップなら子供が目にしても大丈夫だと思う。ちょっとアウトだなってのは森茉莉くらいか?
いや、でも大丈夫だろう。きっと。

問題は、本棚にある。
どうでも良い情報だとは思うけど、あたしは本であれば良い。本気でなんでもいい。
ありえないけど、コレ読んで良いよと家に送られてきたら、携帯小説を本にしたやつだって読める。読めるっていうか、たぶん普通に面白く読める。残る問題は、買えない=レジに持っていけないってことだ。
以前、有名になった携帯小説に批判めいたことを書いたこともあったけど、最近ちょっと考えが変わってきたよ。たぶんアレは字ばっかりの漫画、もしくは絵本なんだよ。脳内で絵を追加するのだ。だから宮尾登美子とか中島敦とか、「字」って感じの本ばっかり読んで疲れたら、これを読んだらいんだよ、と思うようになったよ。
関係ないけど、あたし実はBL本だって楽しく読めちゃうんじゃないかなーと思う。買う機会も勇気も、ましてやオットに見つかった時のアレヤコレヤを想像してしまうと手は出せないんだが。

すでにドン引きされてるかも知れないので、さらに書いてしまおう。
ウチの本棚には斎藤綾子だってある。団鬼六だってある。山口椿もあるよ。 ウフフ

ちなみに団鬼六の感想は、物語としてもエロスとしても、あたしとは合わなかったと言うしかない。
合っちゃったら、それも問題。

いやさ、団鬼六的な本はアレにしてもさ(いやどっちかっていうと内容的には山口椿のほうが…)、三島由紀夫だって司馬遼太郎だって、ちょっとアレだなってのは多いと思う。司馬遼太郎の「馬上少年過ぐ」の中の、伊達正宗の眼の描写とか結構エグイ。


何が言いたいかというと、子供が大きくなってこのあたしのラインナップを見たときに、どうよって話なんです。
本を読むほうが良いと世間様では言われているけれども、本を読んだってあたしという人間に関して言えば、深みが出る訳でも知識の幅が増える訳でもないのは分かっている。
オットは本当に本を読まないけれど、仕事で使う資料はキチンと読めるし作れる。むしろあたしのように無駄なもんがないので、簡潔で分かりやすい。

出来ればオットのような人に育ってほしいが、もしまかり間違って本好きな子に育った場合が恐ろしい。
子供に見つからないように、見つけて欲しくない本は隠すべきか?いやでも隠したい本ほど見つかるってのが普通だよな。本にまみれていれば気付かないか?いやーさすがに団先生の本はなー…。捨てるか?無理。

悩む。

てか、ここまで書いて気付いたわ。コレってアレよね。エロ本の隠し場所考えてる男子と一緒。


あ、別に変な本ばっか持ってるわけではないと思う。
子供のころからの本も実家から持ってきてるから、十五少年漂流記とか三銃士(最初、三十四って変換されたよ)とか若草物語とかモモとかあるし。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
壁一面の本棚
私の憧れです。今はマンションだから無いけど、いつか、いつか欲しいってずっと憧れているものです。。いつか子供たちが手を離れたら、ずらりと本棚に本を整理して、好きなときに手にとって読みふけるの。ああ、やってみたい・・・。
お話の本筋と全然違うことで、ごめんなさい・・。

2012/10/29 (月) 22:20:52 | URL | しっぽ #-[ 編集]
>しっぽさん
本筋…。BL本とかエロ本の隠し場所とか、そういうところ改めてアレされると結構恥ずかしいので、これくらいのコメントがちょうどいいかもです。
壁一面本棚は、中学くらいからずーっとずーっと夢でした。実は本棚の反対側に狭い机を作ってもらっていて、たぶんここで一日過ごせます、あたし。
2012/10/29 (月) 22:56:28 | URL | きょこ #-[ 編集]
ども。お久しぶりです。
うちも本部屋つくりました。しかも、扉に鍵つきです。だって子供に見せられない本がイッパイあるから…。小説はいいのよ。ヤバイのは漫画。私も旦那も子供には見せたくない漫画がいっぱい。大変だ~!
2012/10/29 (月) 23:42:42 | URL | やよい #-[ 編集]
>やよいちん
>小説はいいのよ。ヤバイのは漫画。
小説はいいの?団先生でも?あ、それは別?
やばい漫画って何?あたしが本当にヤバイか確認しに行ってあげましょう!
てのは半分冗談ですが、お家行きたいーー!!
2012/10/30 (火) 00:14:00 | URL | きょこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 きょうのおかず all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。